プラセンタサプリ効果と副作用|おすすめサプリの比較ランキング&口コミとは?

肝臓がんの患者さんにプラセンタサプリを試したら、免疫旅行が向上して抗がん剤の倦怠感も軽快になりました。

 

肝臓は「沈黙の臓器」で肝臓病は自覚症状がなく、肝硬変や肝がんに進み、脂肪性肝炎も増加しています。

 

肝臓病は日本では脂肪率こそ高くはありませんが、患者数はがん、心臓病、脳卒中についで第4位とも言われています。

 

肝臓病の原因はアルコールや薬などさまざまnですが、特に注意して欲しいのがウイルスです。

 

日本では、肝炎の大半は肝炎ウイルスが原因のウイルス性肝炎と言われています。

 

肝炎とは、肝臓の細胞が壊れて炎症が起こる病気です。

 

肝炎ウイルスにはいくつかの種類があり、日本で多いのはbがた肝炎ウイルス、c型肝炎ウイルスです。

 

どちらも、おもに医療行為などで血液感染します。

 

感染すると、それぞれb型肝炎、c型肝炎を発病します。

 

日本でのウイルス性肝炎の患者・感染者吸うは推定350万人です。

 

ただ、感染を自覚している人はその半数に過ぎません。

 

残りの人たちは、肝炎ウイルスの感染に気づいていないのです。

 

肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

 

肝臓病を発病しても、十得になるまでは症状が出にくいからです。

 

ウイルス性肝炎はほうっておくと慢性肝炎や肝硬変、肝臓がんへと進行していきます。

 

できれば、ていきてきに自分の肝臓の状態をチェックすることをおすすめします。

 

このように話すと、「私は年に一度、健康診断を受けているから大丈夫」と思うかもしれません。

 

しかし、一般的な健康診断や人間ドックなどには、肝炎ウイルスの検査を設けていないものも少なくありません。

 

肝炎ウイルスの感染は血液検査で調べないとわからないのです。

 

ある有名な医師が団長を務める「がん検診集団」では、地域での健診や講演活動などで肝臓がん検診の普及に取り組んでいます。

 

ウイルス性肝炎は肝臓がんの大きな原因の一つです。

 

早期に発見し、適切な治療を受ければ、肝臓がんへの進行をある程度抑えられるということを知っていていください。

 

もう1つ、肝臓病で近年注目されているのが、非アルコール性脂肪肝炎(nash)です。

 

脂肪肝は、肝臓に中性脂肪が異常に蓄積された状態をいいます。

 

おもな原因は、糖質の取りすぎです。

 

最近の研究では、脂肪肝の1割程度が肝臓への中性脂肪の蓄積だけでなく、炎症を伴い肝臓がんへ進行することが分かってきました。

 

これがnashです。

 

脂肪肝もnashも、血液検査である程度判明します。

 

ぜひ定期的に肝臓のチェックを受けてください。

 

実際に肝臓の専門医さんは、肝臓病の患者さんたちと、日々接している中で、最近注目しているのがプラセンタサプリだといいます。

 

プラセンタには免疫力を向上させる効果があり、そのほか体に有効な成分が豊富に含まれているので「抗腫瘍作用」「抗酸化作用」「血圧降下作用」「血糖値上昇抑制作用」「セラミドによる皮膚保湿作用」「抗アレルギー作用」があると報告されているのです。

 

がん患者さんの白血球の数が増えた理由をたずねたところ、プラセンタあり。

 

わたしがプラセンタに関心を持つようになったきっかけは2001年頃に担当したある患者さんのことです。

 

当時60代だった患者さんは、大腸がんが肝臓に転移して抗癌剤治療を受けていました。

 

抗癌剤治療には、さまざまな副作用を伴います。

 

患者さんも白血球の数が減少して、下痢が続いていました。

 

ところが、ある時期から下痢が止まり、白血球の数が増えたのです。

 

不思議に思って患者さんに聞いてみるとプラセンタサプリを摂っていると言われました。

 

そこで情報を集めたところ、この患者さんのようにプラセンタサプリを摂取することで、抗がん剤の副作用が軽減するケースは珍しくないとわかったのでした。